注文住宅で家づくりをした際に様々な追加費用が必要となりました。家づくりをしていく中でカウンターを追加したり間取りや部屋の広さの変更などが発生しました。追加や変更の度に費用が積み重なっていきました。また、住宅設備ではビルトインの食器洗浄機や広いバスルームといったこだわりを採用すると更に金額が上がっていきます。我が家も住宅設備には特にこだわりを持って選んだため当初の予定からかなりの費用の上積みとなってしまいました。部屋の内装クロスやカーテン、証明類も標準品からグレードアップした物もあり全体的な費用が嵩んでしまい気が付くとスタートに設定していた予算からオーバーしてしまいました。必要な物、不要な物をしっかりと分けて予算内に収める事が出来ましたが、理想を追い求めるあまり費用が積み上がってしまうため注意が必要だと思いました。以上、注文住宅は理想の家づくりが出来る反面、理想を求めすぎて予算オーバーになるリスクがあるため十分注意が必要となります。