自分ではのに緊張

自分ではのに緊張

姉が引越しをすることになりました。社会人になったのを機に一人暮らしです。
男手は私と父だけです。新居で新しく使い始める家具は業者さんが持って来てくれますが、それ以外にも重たいものはたくさんあります。それらを運ぶのは私たちの役目です。荷物を積んだ車まで行ったり来たりするのは大変で、家の中で整理をする女性陣はうらやましいなんて考えていました。そんなことをぼけーっと思考していた私の前にある人が現れます。
姉が住む部屋の隣の人と鉢合わせしたのです。隣の部屋から出てきたので、お隣さんであることはすぐに分かりました。疲れ切った脳をしていながらも、「挨拶しないと!」という気持ちは働いたようで、「こんにちは!」と多少大きな声で挨拶をします。お隣さんは一瞬誰だろうかという表情をしますが、引越ししていることに気付き、挨拶を返してくれました。分かってくれて助かったと思いましたが、自分が住むわけでもないのにとても緊張してしまいました。ちょっと大きくなった挨拶は、後になって後悔することになりました。

admirable

1件のコメント

WordPress コメントの投稿者 投稿日:9:50 am - 7月 3, 2018

こんにちは、これはコメントです。
コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントは受け付けていません。

コメントは受け付けていません。